肝臓の働きについて

肝臓には、体内に入ってくる物のうち、不純物とみなされるものを浄化して無害なものに変換していく機能があります。
代表的なものとしては、アルコールです。
アルコールを摂取しすぎるか肝臓に良くないと言われるのはこのためです。
毎日アルコールを摂取している人は、毎日肝臓がアルコールを無害化させるために働いている事になります。
アルコールだけでなく、薬物なども同じです。
肝臓のおかげで、内臓が毒物に侵されるのを防いで健康を保ってくれるのです。

 

また、他には食べ物から栄養分を吸収し肝臓に集められたあとグリコーゲンという物質に変化させてエネルギーを作り出す役割も担っています。
グリコーゲンに変化することで、栄養素はより体内に吸収されやすくなります。
このようにエネルギーをグリコーゲンに変え体内に備蓄する働きや、栄養分を代謝する働きなどは我々人間だけでなく生存しているすべての生物に備わっている機能です。

 

そして、肝臓には胆汁を生成する機能も備わっています。
胆汁とは、コレステロールと胆汁酸からなる物質で、脂質を消化吸収したり、有毒物質を排出したりする機能があります。
これは、人が生命を維持するのに欠かせない機能です。
血中のコレステロールはこの機能によって蓄積されるのが防がれているのです。
胆汁は、胆嚢に一旦保管され、小腸、十二指腸を経由して尿となって排出されます。
肝臓は、毒素を体外に排出するとても重要な役割も担っているのです。

 

こうしてみてもわかるように、肝臓にはさまざまな役割があります。
栄養素を体に運ぶことも、毒素を体外に排出することも担っている、私たちの生命と健康を維持するために欠かせない臓器なのです。
時として、胆嚢に保管されている胆汁が胆石になってしまう事があります。
その場合は胆嚢ごと切除手術を受けますが、胆嚢が切除されても私たちがいつも通りの生活を送るのには影響がありません。

 

 

○ガンマGTPの数値が高い場合

 

ガンマGTPの数値はそれだけでなくgotやgptの数値も一緒に見ていきます。
ガンマGTPだけの数値が高い場合は、前日のアルコール摂取状況などにもよりますのでまずは1ヶ月禁酒してその後の数値を検査していきます。

 

ただ、ガンマGTPと共にgotやgptの数値も高くなってしまっている場合は、肝臓病や閉塞性黄疸、アルコール性以外の肝臓の病気にかかっている可能性がありますので、より詳しく検査していく必要があります。

 

禁酒後、数値が正常に戻るようであれば肝臓には特に問題ないという事になりますが、もちろん毎日アルコールを摂取していたり、大量のアルコールの飲む機会が多い方は肝臓への負担が大きくなっています。
一時的に禁酒してもまた飲酒を続ければいづれ肝臓は弱ってきてしまいますので、休肝日を作ったり飲酒量を減らしたりして肝臓への負担を軽くさせる必要があります。

 

また、病気などで薬を服用している場合、その薬の成分によってはガンマGTPの値を上げてしまうものもあります。
日常的に服用しているものがある場合は、検査前に医師にその旨伝えておきましょう。

 

ガンマGTPはタンパク質を分解するために存在する酵素で必ず存在するものではあるのですが、値が高くなってしまうと徐々に膵臓や肝臓の細胞までも分解し始めてしまいます。
数値が高い場合はその原因を突き止めて対処していくことがとても大切です。