ガンマGTPを下げるためには

ガンマGTPを下げるには、まずはお酒を止めることで数値は下がります。
既に内臓に異常がある場合は禁酒しても数値は安定しませんが、アルコールの摂取量の問題の場合は、しばらく禁酒すれば数値は安定してきます。
毎日アルコールを摂取していたり、1回の量が多い方はなるべく普段から節酒することが重要です。

 

定期検査や健康診断でガンマGTPの値を指摘された方は、まず1ヶ月禁酒してその後に再検査を行います。
アルコールの摂取のしすぎによる数値の上昇であれば、1ヶ月禁酒すれば数値はかなり安定します。
逆に、禁酒しても数値が安定しない場合は、肝臓や膵臓に何らかのトラブルがある可能性がありますので、エコーやCTによる検査が必要です。

 

特に重篤でないアルコール性肝障害や脂肪肝の場合は、アルコールの摂取量を控えたり、ダイエットをしたり、食生活を見直すことで数値はだいぶ安定するでしょう。
また、ガンマGTPはアルコール自体に過敏に反応するため、健康診断や血液検査の前日はアルコールを控えましょう。
稀に、全くお酒を飲まないのにガンマGTPの値が高いという方もいらっしゃいます。
毎日飲んでいる薬の副作用として値が上がる場合も多くあります。

 

ガンマGTPは、なかなか発見できない肝臓や膵臓の値も安定させることができるため、定期的な健康診断を受けることが大変重要です。