ガンマGTPと禁酒について

ガンマGTPの値は、普段からお酒を飲んでいる人は常にその数値に気を付けていなければなりません。ガンマGTPの数値は、血液検査を行う事で知る事ができます。もしガンマGTPの数値が高かったら、一度医師の診察を受けてしっかり検査してもらう事をお勧めします。

 

肝臓に異常は出ていないがガンマGTPの値が高いという人は、アルコールを摂取しすぎている為に上がってしまっていると考えられます。その為、できればしばらく禁酒するようにしましょう。1ヶ月禁酒すれば数値は正常に戻ります。そのまま気にせずに飲酒を続けてしまうと、いずれ必ず肝臓への負担が病気となって出てきてしまいます。また、検査の前日に飲酒しているとガンマGTPの数値に異常が出る場合があります。検査の前日はお酒を控えるようにしましょう。

 

ガンマGTPの数値が高かった場合、医師の診察を受けると同時にエコー検査やCT検査を受けます。そこで異常が見られなかった場合は、1ヶ月間禁酒し、その後に再検査を行う場合が多いようです。
再検査でガンマGTPの値が正常に戻れば問題ないですが、かといってまた飲酒続きの生活を送るとやはり肝臓への負担は大きくなりますのでまた数値が上昇してしまいます。禁酒をする必要はありませんが、休肝日を作ったりして今までと同じようなアルコールの摂取のしかたは避けたほうがよいでしょう。

 

ガンマGTPが血中に流れてしまうこと自体は体への影響はありません。誰でも少量は存在するものですが、これが大量になってしまうと肝臓やすい臓の細胞が破壊されていたり、胆石や胆管のつまりが疑われます。お酒をたくさん召し上がる方は肝臓やすい臓にかなりの負担がかかっています。日ごろから数値をチェックしておくことはとても重要です。

ガンマGTPとアルコール性脂肪肝について

ガンマGTPは自覚症状が出にくいという肝臓の異常を推測することができる数値の事です。血液検査をすることでガンマGTPの数値がわかり、その数値を元に肝臓に異常があるかどうかを調べます。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど悪くなっても自覚症状が表れにくいのです。自覚症状が出る頃にはもうすでに病状はかなり悪化している場合が多くあります。

 

アルコールを摂取しすぎると肝臓への負担が大きいというのはよく聞かれますが、アルコールを分解するのは肝臓の役割です。アルコールは分解して無毒化されるまでにかなりの時間を要します。その為、毎日のように飲酒していると肝臓が休まる暇がありません。どんどん負担をかけ、悪くなってしまうのです。毎日アルコールを摂取していると、かなりの確率でアルコール性脂肪肝を発症します。自覚症状がないまま進行していくアルコール性脂肪肝は、引き続きどんどん肝臓に負担をかけ、肝臓がんなどの大きな病気を引き起こしてしまいます。

 

アルコール性脂肪肝が発見されたり、ガンマGTPの値が異常であると診断された場合は、まず禁酒しなければなりません。禁酒することで数値はだんだんと安定し、アルコール性脂肪肝も徐々に回復していきますが、アルコールは依存度が高いため、どうしても禁酒できないという方は別の治療を行わなければなりません。
数値に異常が見られた場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。