肝臓の異常について

肝炎とはどのようなものなのか

肝炎とは、肝臓の細胞が炎症によって破壊されることによって引き起こされる病気です。
肝炎を引き起こす理由は様々なものがあります。
飲酒、薬物、自己免疫、ウイルスなどが主な原因です。
様々な理由の肝炎が存在するので、注意しないことは多くありますが、日本での肝炎の種類は限られています。
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝炎がほとんどです。

 

皮膚の黄疸、吐き気、発熱、だるさなどが肝炎の主な症状です。
症状は風邪に似ているので、放置してしまう人が多くいます。
しかし、肝炎が悪化すると、肝硬変や肝臓ガンなどになってしまいます。
肝硬変や肝臓ガンなどにならなかったとしても、劇症肝炎は肝機能の著しい低下によって命にかかわる問題になってしまいます。

 

肝炎の症状は風に酷似していますが、自身の生活を考えれば、もしかしたら肝炎なのでは、と気づくことができるはずです。
早急な対処が重要なので、検査を積極的に受けるようにしましょう。

 

肝炎の中で、ウイルス性のものは5種類あります。
A型、B型、C型、D型、E型とそれぞれ呼ばれています。

 

アルコール性肝炎と呼ばれる、飲酒が原因で引き起こされる肝炎が存在します。
脂肪肝が長く続いてしまうことが直接的な原因ですが、予防はお酒を控えればよいので比較的簡単です。
全く飲まないようにしなくても、飲む量を減らすだけでも効果はあります。
飲酒量が多い人は気を付けるようにしましょう。

 

肝炎なのか、気になる人は検査を受けるようにするべきですが、病院によって料金が違い、中には無料で行っているところもあるので、調べてみるようにしましょう。

肝硬変とはどのようなものなのか

肝硬変という病気は最近良く聞く病気だと思います。
危険な病気だということも広く知られていますが、肝硬変とはどのような病気なのか、肝硬変には何故なってしまうのか、を知っている人は多くないと思います。
肝硬変は肝炎などが悪化して引き起こされるもので、肝炎は飲酒など様々な原因があるので、肝硬変になってしまう可能性は低くありません。
ですので、多くの人が肝硬変という病気について詳しく知っておく必要があるのです。

 

本来、肝臓は非常に再生力の高い臓器です。
肝炎などで肝細胞が壊れてしまっても、すぐに再生されます。
しかし、肝臓を酷使し続けると、再生力がなくなってしまいます。
すると、再生結節と呼ばれる、硬い線維で死んでしまった肝細胞の部分を補おうとします。
この再生結節が肝臓を覆ってしまうと、肝臓が硬くなってしまいます。
この状態が肝硬変と呼ばれます。

 

では、肝硬変にはどのような症状があるのでしょうか。
肝臓が小さく硬くなってしまっている状態ですので、肝臓は正常な働きを保つことはできません。
肝臓ガンなどに悪化してしまう可能性もあるので、発見、治療は早急に行う必要があります。

 

肝臓の病気は総じて自覚症状が出にくいという特徴があります。
肝臓の働きを表す検査結果などには注意を常に払うようにしましょう。
そして、異常を感じとったならば、早急に病院に行くようにしましょう。

 

軽度の肝硬変ではあまり自覚症状が出ませんが、肝硬変が悪化するといくつか特徴的な症状が現れ始めます。
肝臓の病気なので、腹水や尿の色が濃くなってしまったり、むくみが酷くなったりします。

脂肪肝とはどのようなものなのか

中年の男性を中心に増えている病気が脂肪肝です。
食べ過ぎや飲み過ぎが原因で肝臓に脂肪がついてしまうのが脂肪肝と呼ばれる病気です。
最近では子供ですら脂肪肝になってしまうケースがあります。
脂肪肝自体はただの肥満のようなものですが、肝炎や肝硬変、肝臓ガンなどの原因になってしまうので、注意する必要があります。
肝炎や肝硬変などでは命に関わる問題になってしまうので、脂肪肝の段階で改善するようにしましょう。

 

しかし、肝臓の不調は自覚症状を伴わないことが多く、脂肪肝もそのひとつです。
また、痩せていても脂肪肝になっていることもあるので、体の肥満と脂肪肝は必ずしも関係しているとは限りません。
脂肪肝の症状としては、倦怠感、疲れ、食欲減退などの、風邪などの他の体調不良と見分けのつかないものばかりです。
ですので、病院で検査をしてもらう必要があります。

 

脂肪肝は肝臓の肥満ですので、生活を見直すことによる改善も可能です。
運動や食生活の見直しが非常に高い効果を発揮します。
投薬などの手段を使わないで済みますので、気を付けてみましょう。
脂肪肝を引き起こすものに飲酒があります。
飲酒量が多い人は、減らすように心がけましょう。