肝機能障害

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、不調があっても自覚症状が出にくい臓器です。
そのため、肝臓が正常に働いているかどうかを調べる際には、体調の変化をみるよりも、検査をすることが必要です。
肝機能は定期健診や健康診断などで検査することが可能です。
では、肝臓の動きをどのようにして検査するのかをご紹介したいと思います。

 

肝機能障害とは

肝臓に異常があり、肝臓の働きが正常に行われていない状態を肝機能障害と呼びます。

肝機能を表す数値について

肝機能を調べる際に用いる数値は、γーGPT・GOT・GPTの3つです。
これら3つの数値を見て、肝機能障害かどうかを判断します。
これらはタンパク質の一種がどれほど存在しているのか、を示す数値です。
本来血中にはこれらの成分は微量しか存在していないため、これらが大量に検出された場合、本来これらが存在しているはずの肝細胞に異常があったということになるのです。

 

肝臓の異常が酷ければ酷いほどこれらの数値は高くなります。

肝機能障害の原因について

肝機能障害の原因は多くあります。
主な原因は脂肪肝、飲酒、慢性肝炎などです。
飲酒が原因で肝機能障害になってしまったのなら、飲酒を控えるか減らすかすることで改善されます。
対処は早ければ早いほどよいので、検査はこまめに受けるようにして、できる限り早期に発見できるように尽力しましょう。
間違えても、自覚症状がないからと、放置しないようにしましょう。
最初は少し肝臓に異常があっただけでも、肝硬変や肝臓がんなどの命に関わる病気に悪化してしまう可能性があります。

 

運動をして肝機能障害を防ぐ方法

 

肝機能障害は飲酒や過食などで引き起こされます。
食生活の見直しは肝機能障害の予防、改善に重要です。

 

運動も同じく肝機能障害の予防、改善に効果的です。
脂肪肝などは、肝臓の肥満のことで、当然運動が有効です。

 

では、具体的にどのような運動を行えば肝機能障害や脂肪肝を防ぐことができるのでしょうか。

 

運動には大きくわけて2種類の運動が存在します。
重量挙げなどの、いわゆる筋トレと呼ばれる無酸素運動と、低負荷の運動を長く継続するウォーキングやスイミングなどの有酸素運動です。

 

肝臓に良い効果のある運動は後者の有酸素運動です。
無酸素運動は体に大きな負担がかかり、逆効果になってしまうことすらあります。

 

有酸素運動は軽い負荷の運動ですので、長時間行うのが理想的です。
具体的には30分〜40分ほど行うとよいでしょう。

 

このとき、自身を追いつめる必要はありません。
気持ちいいと思える程度の強度で十分効果を発揮できます。
運動強度を上げてしまうと、怪我などにつながってしまい。逆効果になります。
運動時間も、無理をするのではなく、自分の行える範囲にとどめ、徐々に伸ばしていくとよいでしょう。

 

有酸素運動の中には、昇降運動やストレッチなどの自宅で行えるものも多く存在します。
これらのものを毎日続けるだけでも効果はあります。

 

また、生活の中に運動を取り入れるのも効果的です。
階段を利用したり、いつもバスを使っている区間を徒歩にしてみたりするなど、工夫はいくらでもできます。

 

常に肝機能障害のことを意識するだけで、生活はきっと変わってくるはずです。
無理せず自身のペースで改善していきましょう。