ガンマGTPを下げるサプリランキング

健康診断などで、ガンマ・グルタミルトランスフェラーゼ(ガンマGTP)の数値が高いと言われてしまった方、いらっしゃると思います。ガンマGTPは通常10〜50程度の数値で、これを超えてしまうと肝機能に異常をきたす場合があります。
アルコールの摂取量が多い方、肝臓に負担をかける食生活などによって数値は上昇してしまいます。
当サイトでは、ガンマGTPの値を下げるための肝機能サポートを行うサプリメントをご紹介していきます。今すぐに医者にかからなければならない必要はないけど、生活を見直しましょう等のアドバイスがあった方、是非参考にしてみてください。

 

牡蠣のチカラα ←タウリン・亜鉛の効果が効く!

牡蠣のチカラαは、ガンマGTPをはじめとする肝臓の数値が気になる方におすすめしたいサプリメントで、肝臓にいいといわれている牡蠣、マカ、高麗人参を主成分としています。なんと1か月分で生牡蠣181個分の栄養素が詰まっています。
牡蠣に多く含まれるタウリンや亜鉛は、肝機能向上にいいといわれています。また、高麗人参の成分でもあるサポニンも肝機能の向上効果があるといわれています。
牡蠣と高麗人参の2つの相乗効果が期待できます。

 

1ヶ月分980円(通常4800円)のキャンペーン中!

 

 

⇒ 牡蠣のチカラαをもっとくわしく

白井田七 ←肝機能向上

健康診断で肝臓の数値や血圧に異常が出てきてしまった方に効果的な漢方系のサプリメントが白井田七です。田七人参は、高麗人参の数倍もの栄養を含んでいて、それをたっぷりと配合。生活習慣が乱れていなくても、肝臓の機能は加齢と共に弱ってきますが、生活習慣病の対策や予防にとても役立ちます。
白井田七に含まれる田七人参は、血液の循環をよくして内臓の臓器を活性化する漢方薬で抗炎症作用、止血作用、代謝向上作用など多くの効果があり、ガンマGTPの数値改善、肝臓病への効果があるとされています。
ガンマGTPの数値を下げたい人、肝臓の数値が気になる人にぜひオススメです。今、公式ホームページから申し込みをすると、全額返金保証がついている為安心です。

 

 

⇒ 白井田七をもっと詳しく

肝パワーEプラス ←高い効果に期待!

肝パワーEプラスは体の解毒作用を助ける働きがあります。既に300万袋以上を売り上げており、リピート率は95%を超える人気のサプリメントです。肝臓に良いと言われるタウリンを筆頭に、クエン酸、にんにくエキスなどを豊富に配合しています。
また、ビタミンE、B1、B2、B6も配合しているため、健康維持に役立つサプリメントとして知られています。しっかりした食生活をおくっていても加齢によって肝臓の機能は衰えますが、肝パワーEプラスは、飲むことで健康維持に役立ちます。
公式サイトからのお申込みで、全額返金保証がつきますので万が一効果を実感できなくても安心です。

 

 

⇒ 肝パワーEプラスをもっとくわしく

 

 

ガンマGTPとは

ガンマGTPは、ガンマ−グルタミンスランスペプチターゼの事で、タンパク質を分解する酵素の一つで、特に解毒作用に効果があります。
特に、腎臓、膵臓、肝臓にたくさん存在しています。
ガンマGTPは通常肝臓で生成されています。
その後胆汁の中に排出されているのですが、加齢や食生活の悪化により胆汁の流れが悪くなったり、肝臓や胆管が弱くなってしまう事で血液中に流れ出してしまいます。
ガンマGTPは、血管に流れてしまう事に対する影響はありませんが、胆道が塞がれてしまうと数値は上昇してしまいます。

肝臓病は自覚症状が少ない

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど、弱ってもなかなか自覚症状が表れません。
黄疸が表れたり、痛みを伴うようになってしまってからですと病状はかなり進行してしまっている事になります。
その為、定期的に健診を受けて肝機能の数値を把握しておく必要があります。
肝機能の数値は、血液検査で調べる事ができます。
また、肝臓は悪くなっても進行に時間がかかります。
今、お酒を浴びるように飲んでいても数値は悪くないと思っていても、数年後の検査では急に数値が上がって出ることも多くあります。
最近飲みすぎていると感じる人は、きちんと休肝日を作って肝臓を休めてあげるようにしましょう。

多量の飲酒は注意が必要

普段からお酒が好きでよく飲まれる方は、急にお酒に弱くなったと感じたり、食欲がなくなったり、体のだるさが続くようになったら血液検査を受けるようにしましょう。
アルコールを摂取しすぎるとどうしても肝臓に負担がかかります。
毎日飲んだり、大量に飲むことはせず、時には休肝日を設けて肝臓を休ませてあげるようにしましょう。

 

 

その他、ガンマGTPを下げるサプリ

カゴメ スルフォラファイン

カゴメから販売されているスルフォラファインは今とても注目されているサプリメントです。
スルフォラファンは、発芽野菜に含まれている健康成分で、体内に入ると主に肝臓の機能の働きを高める役割をします。
お酒を飲むわけではないのに肝臓の機能が低下してしまっているという方は、加齢による衰えかもしれません。
肝臓に良いスルフォラファインを摂取して、肝臓の機能を高めていきましょう。
製造過程からしっかりと管理されている為、安心して飲むことができるサプリメントです。
⇒ カゴメ スルフォラファンについて

orange

神の草ヒュウガトウキは、古くから日本に存在しているヒュウガトウキを使用した健康茶です。
高血圧や高血糖に効果的な成分で、薬による治療や食事制限を強いられている方に最適な健康茶なのです。
ヒュウガトウキは土壌の栄養分をぐんぐん吸い上げて成長している為、収穫後の土壌は栄養素が全く残っておらず、3年以上は植物が育たない土壌になってしまっているそうです。
公式サイトからの申し込みでとてもお得なセット購入ができます。
神の草ヒュウガトウキについて

ガンマGTPを下げる成分

ガンマGTPを下げるには、肝臓にどのような成分が良い効果を発揮するのかを知っておくのは重要です。では、どのような成分が肝臓に良いのかを説明したいと思います。

タウリン

様々な栄養ドリンクにも含まれており、肝臓に良いことが広く知られている成分がタウリンです。牡蠣を始めとする貝類や、タコやイカなどの魚介類にタウリンは多く含まれています。
では、どうしてタウリンは肝臓に良い効果を与えるのでしょうか。
肝臓の異常のひとつに、肝臓に脂肪がついてしまうというものがあります。酷くなると脂肪肝などに発展してしまいます。この脂肪を取る効果がタウリンにはあります。
また、肝臓の働きを良くする効果などもタウリンにはあり、肝臓だけでなく体の様々な部分に良い効果をもたらします。

オルニチン

オルニチンもタウリンと同じくらい肝臓に良い成分として広く知られています。アンモニアを始めとした毒素を、尿素にして体から出すという働きがオルニチンにはあります。この一連の工程は肝臓で行われるため、肝臓の負担を小さくするためにオルニチンの摂取は有効です。

ウコン

ウコンは飲酒による二日酔いなどの改善に効果があることが広く知られています。ウコンは肝臓にも良い効果があります。タウリンと同じく、脂肪肝に効果があります。
胆汁と呼ばれる脂肪分解を引き起こす効果があり、この胆汁の分泌にウコンが重要なのです。

アラニン

アラニンは肝臓の働きを促進させます。そうすることで肝臓の負担を軽減します。ホタテなどにアラニンは多く含まれており、1日2個のホタテを食べると良いとされています。

 

 

また、これらの成分以外にも、レバーが肝臓に良いと言われています。肝臓に良い、ビタミンB1やミネラル、タンパク質などがレバーに多く含まれています。肝臓に不安がある方はこれらの成分やレバーを摂取するようにしましょう。

更新履歴